【ニュージーランド産】赤ワイン3本セット

ニュージーランドワインの赤ワインをセットにてご提供!

ドメインロード ピノ・ノワール 2017
濃紫色をしたこのワインはダークチェリー、スパイス、スミレなどの香りが、濃厚なプラムやチェリーの味に結びつき素晴らしい複雑味を醸し出します。凝縮した果実とオークのタンニンは、長い余韻を楽しませてくれます。

オブシディアン エステート シラー 2017
ミディアムボディーからフルボディー。プラムなどの黒果実とスパイスの効いた複雑味のある仕上がり。
サスティナブル・ワイングローイング*¹認定で環境にも配慮しています。
環境を壊さないブドウ栽培認定

カイミラワインズ ブライトサイド ピノ・ノワール 2017
深みあるガーネットの色合いで、ラズベリーやチェリーなどの赤い果実、スパイス、ほのかな土や杉の香りが漂います。
口当たり柔らかく、熟したフルーツ風味と優しいタンニンとのバランスの良いミディアムボディーワインです。

※離島への送料は別途お見積りが必要です。

通常価格 ¥14,850 (税込)
/
税込み。

1アイテムのみ在庫あり!

■ワインデータ

【ドメインロード ピノ・ノワール 2017】
飲み口 フルボティ
原産国・地域 ニュージーランド・セントラルオタゴ
造り手 Domain Road Vineyard (ドメインロードヴィンヤード)
ぶどう品種 ピノ・ノワール
【オブシディアン エステート シラー 2017】
飲み口 重口
原産国・地域 ニュージーランド・ワイヘキ島
造り手 Obsidian Estate (オブシディアン エステート)
ぶどう品種 シラー
【カイミラワインズ ブライトサイド ピノ・ノワール 2017】
飲み口 ミディアム
原産国・地域 ニュージーランド・ネルソン
造り手 Kaimira Wines (カイミラワインズ)
ぶどう品種 ピノ・ノワール

■注意事項
  • ラベル変更などによりデザインが変更されている可能性がございます。
  • 開封後はお早めにお召し上がり下さい。
  • 20歳未満の者の飲酒は法律で禁じられています。
  • 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。
  • 飲酒運転は法律で禁止されています。

Domain Road Vineyard (ドメインロードヴィンヤード)

ドメインロードヴィンヤードは長年にわたりセントラル・オタゴ地域に繋がりがあったクロスビー一家によって所有されています。バノックバーンの小さな村に2か所の畑を所有しており、ドメインロード畑は6.5ヘクタール、フェルトンロードディファインス畑には7.5ヘクタールにブドウの苗を植えています。
ワインに一貫性を持たせるということは、すべての醸造過程において注意深く、思慮深く行う事。それを成し遂げることは簡単な事ではないのです。
彼らはドメインロードのワイン造りに関わる人たちを誇りに思っております。
すべてのワインは高品質なオーク樽のみで発酵・熟成し、ワインの複雑味と品質を高めています。
ほとんどのワイン、特にピノ・ノワールは瓶熟成させてからリリース。これによりワインの成熟と風味を融合することができます。

ワイナリー詳細はこちらからご覧いただけます。

domain road ドメインロード ニュージーランド ワイン

obsidian estate オブシディアンエステート ニュージーランド ワイン

Obsidian Estate (オブシディアン エステート)

『最高のボルドースタイルワインを作る』をモットーに1993年に設立されワイヘキ島を代表するブティックワイナリーの1つです。オブシディアンとは「黒曜石」を意味します。
ワイヘキ島は夏は暖かく、秋は穏やかな比較的涼しい気候で、北向きに傾斜した円形競技場のような斜面は日照・防風・水はけなど、南半球におけるワイン造りに理想的条件の場所です。
土壌は主に粘土質で豊富な鉄とマンガン酸化物と上部に古代風化岩が覆ってます。日中の暖かさ(32℃まで)と穏やかな夜は、リンゴ酸とメトキシピラジンを枯渇させるのに必要な温度の継続時間を維持しています。これらの好条件に加え、全てが急斜面にあるブドウ畑は、太陽の光を十分に浴び、ブドウの熟成度を高め、水はけも良く素晴らしいオブシディアンが造られる要因となっています。

ワイナリー詳細はこちらからご覧いただけます。

Kaimira Wines (カイミラワインズ)

ニュージーランド南島ネルソン地区ブライドウォーター近郊にあり、26ヘクタールを所有するワイナリー。
出来るだけ環境に優しく、高品質なワインを造ることを目標にしています。ワイナリーは元々あったキウイフルーツ梱包小屋の跡地に建てられ、1997年にオープンしました。カイミラとはニュージーランド先住民マオリ族の言葉で”小麦粉製造工場”を意味し、歴史的にブライトウォーターの街に繋がりのあった名前から「カイミラワイン」と名付けました。
1995年にサスティナブル・ワイングローイング*¹取得、2013年にリバーテラス、ワイナリーブロック、リビングストーンロードの3つの畑は全てオーガニック認定を得ており、通気性がよく太陽光の影響を最大限に受けられる垂直仕立て法(VSP)を採用しワイン作りを行っています。
環境を壊さないブドウ栽培認定

ワイナリー詳細はこちらからご覧いただけます。

kaimira wines カイミラワインズ ニュージーランド ワイン