【ニュージーランド産】リッポン マチュア ワイン ピノ・ノワール 2013

ニュージーランド南島・ワナカ湖畔にある世界で最も美しいとも評されているワイナリーです。その美しい環境を次世代にも引き継ぐべく徹底した自然農法でワインづくりが行われています。
このワインの特徴は 濃厚なルビーの色彩を持ちブラックベリーのアロマとミネラル感とともに心地よいタンニンが長く口の中に広がり続けます。ニュージーランドを代表するセントラルオタゴのピノノワールの特徴をも兼ね備えた美しいワインです。牛やラム肉のタタキ料理などとご一緒にどうぞ!

通常価格 ¥6,820 (税込)
/
税込み。

10アイテムのみ在庫あり!

■成分内容
ワインデータ
ワイン名:Rippon Mature Vine Pinot Noir (リッポン マチュア ワイン ピノ・ノワール)
ヴィンテージ :2013年
タイプ:赤ワイン
原産国・地域: ニュージーランド・ワナカ
造り手 :Rippon (リッポン)
ぶどう品種:ピノ・ノワール
アルコール:13.0%
容量: 750ml

■注意事項

  • ラベル変更などによりデザインが変更されている可能性がございます。
  • 開封後はお早めにお召し上がり下さい。
  • 20歳未満の者の飲酒は法律で禁じられています。
  • 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。
  • 飲酒運転は法律で禁止されています。

世界で最も美しいと評されている、徹底した自然農法にこだわる

Rippon(リッポン)ワイナリー

世界で最も南にあるブドウ栽培地域、ワナカ湖のほとり、標高330メートルにリッポンはあります。元スキーのニュージーランド代表選手がオーナーで、”世界で最も美しいワイナリー”とも評されています。 ブドウ畑は湖側と丘側と異なる2つの土壌からなり、シリカ、クォーツ、雲母の含有量が高いリッポンの片岩ベースの土壌は、岩自体のキメが示唆するように、いくつもの味が重なった複雑なワインを生み出します。
またブドウ園の近くにある湖のおかげで、霜の危険にさらされるような朝には湯たんぽのように機能し、そして湖の中にあるルビー島が強力な風を和らげる働きをしてくれます。
ワイン生産者としての土壌への取り組みとしては、バイオダイナミック農法を取り入れ、灌漑を行わないので、ブドウの木がその種子にエネルギーを送り込み、その場所に忠実なワインを醸造することができる原材料を育てるのに役立ちます。
30年以上に渡る観察と選択により、その地に最適なブドウの木が植えられ、今日のリッポンのワインがあります。