マオリ族の伝統”ポイ” ー トゥアエンガ (25cm)

POI(ポイ)とはマオリ語でボールという意味で、マオリ族の女性が伝統芸能を披露する際に使用します。
この”ポティキ ポイ”で作られているポイは、社長である10代で企業した女の子の希望・夢・家族との絆が詰まった、心のこもったものです。地球と福祉に配慮したサスティナブルな商品です。
歌いながらポイを回す”ポイダンス”が一般的で、ニュージーランドではマオリ村でのショーやテレビでの音楽番組の演出としても見ることができます。
昔は、男性が戦いに備え、手首の柔軟・強さを高めるためのトレーニングとして使用していたとか*¹。
紐の先にあるボールを振ったり、回転させたり、体に当てて音を出したりしてお楽しみください。
諸説あります。

配送料は購入手続き時に計算されます。

通常価格 ¥3,000 (税込)
/
税込み。

1アイテムのみ在庫あり!

■成分内容
ポイ:ポリエステル系合成繊維、ポリエチレン袋、綿
接続部分:輪ゴム、ビニールテープ(PVCテープ)、布テープ、接着剤
紐:羊毛、アクリル、綿
房:羊毛、アクリル、綿

■使用方法
両手に1つずつ持って回します。
手首から肘までの長さの紐の利用をお勧めいたします。

■注意事項

  • ボール部分を強く打ち付けると接続部分が壊れる場合がございます。
  • ご使用の際は、周りの方の迷惑にならないよう十分に気をつけてください。
  • 1つ1つ作成している為、写真と実物が一致しない場合がございます。予めご了承ください。
  • 柄ありをご希望の方は、柄の種類はお選びいただくことができかねます。

地球と福祉に配慮し、1つ1つ丁寧に心を込めて作られるポイ

Pōtiki Poi ポイ マオリ ニュージーランド

Pōtiki Poiとは?

ニュージーランド南島・ダニーデンに住むGeorgia(ジョージア)は13歳の時に「誰もがオリジナルのマオリ製ポイに触れられるようにしたい」との思いから起業しました。その思いには彼女の希望・夢・家族との絆が詰まっています。
会社名のPōtiki(ポティキ)は、彼女たちの祖先でありマオリ族の偉大なリーダーTahu Pōtiki(タフ ポティキ)、そして末っ子という意味もあることから選びました。
彼女の弟はダウン症を抱えており、いつの日か彼が、彼女の夢を引き継ぎ、彼自身で事業が行えるようになることを願い、そして彼と同じような症状を持つ方々を採用していきたいと考えています。
また、彼女の母親が学んでいるマオリの健康・福祉哲学を幼い頃から見て育ち、知識と人との関わりの重要性を学びました。人との繋がり無しに、事実や詳細を理解しても意味がない。ただ作成するのではなく、製品1つ1つが彼女たちの思いと繋がることを描きながら丁寧に作成されています。

こだわりを持って作るポイ

ダニーデンにあるオタゴ博物館で最初に見た小さなポイ。ここから彼女は紐と房を使ったユニークなデザインを生み出しました。
マオリ文化の継承と、ポイの芸術性を高めるために情熱を注いでおり、頭のボールの重さや表面の覆いにより、手で受けた時の音の違いにも気を配って作成されています。
また、廃棄物問題に加わらないようにする願いも込められています。次世代の地球を守るために、今、何かをしなければいけません。彼女たちの作るポイには不要になった布や羊毛を使っています。
体にすぐに馴染むことが非常に重要な為、適切な長さ(紐が手首から肘までの長さのもの)でのご購入をお勧めしています。
この商品は25㎝(Tūwaenga - トゥアエンガ)です。お子様や女性の方は18㎝の商品(Teina-テイナ)をご確認ください。編み物で作った18㎝のポイ(Partnership Poi - パートナーポイ)もございます。

Pōtiki Poi ポイ マオリ ニュージーランド

Pōtiki Poi ポイ マオリ ニュージーランド