【オーストラリア・マーガレットリバー産】フローストーン・ワイン

オーストラリアで希少品種を醸す豪腕醸造家が二つの海の恵みを受けて造りあげた、神秘を感じる美しいワイン、「フローストーン」。ムーンミルク(鍾乳洞)をイメージした白ワイン1本とマーガレットリバーを代表する品種カベルネソーヴィニヨンと、マーガレットリバーでは稀有なポルトガルの固有品種トゥーリガナショナルのブレンドした赤ワイン。

通常価格 ¥3,520 (税込)
/
税込み。

バリエーション
20アイテムのみ在庫あり!

■成分内容
赤:サヴァニャン75% / ヴィオニエ15%/ゲヴュルツトラミネール7%/ソーヴィニヨンブラン3%
白:カベルネソーヴィニヨン70% / トゥーリガ30%

■注意事項

  • 開封後はお早めにお召し上がりください。
  • こちらの商品は別途送料が発生致します。
  • ギフト包装、熨斗をご希望の方はお問い合わせくださいませ。

オーストラリアで希少品種を醸す豪腕醸造家が二つの海の恵みを受けて造りあげた神秘を感じる美しいワイン。

MOONMILK WHITE ¥3,520
ムーンミルクホワイト

ムーンミルクとは鍾乳洞の中に見られる白いクリームのような鍾乳石のこと。クリーミーで厚みのあるこのワインを、ムーンミルクをイメージして造られている。
・年代:2019
・地域:マーガレットリバー
・品種:サヴァニャン75% / ヴィオニエ15% /ゲヴュルツトラミネール7% /ソーヴィニヨンブラン3% ・アルコール度数:12.9%
・色調:グリーンがかったレモンイエロー
・香り:グリーンアップル、しぼりたてのライム果汁、スパイス、ライチ、クリーミーな香り

CABERNET SAUVIGNON TOURIGA ¥4,400
カベルネソーヴィニヨントゥーリガ

マーガレットリバーを代表する品種カベルネソーヴィニヨンと、マーガレットリバーでは稀有なポルトガルの固有品種トゥーリガナショナルのブレンド。ブレンドすることで、双方の個性を輝かせている。
・年代:2014
・地域:マーガレットリバー
・品種:カベルネソーヴィニヨン70% / トゥーリガ30%
・アルコール度数:14.1%
・色調:紫がかった深紅色
・香り:赤いベリー、ダークベリー、スパイス、モカ、ベルベット
香りの特徴は、カベルネソーヴィニヨンがベースだが、トゥーリガの凝縮した果実感も感じられる

オーストラリアで希少品種を醸す豪腕醸造家が
二つの海の恵みを受けて造りあげた神秘を感じる美しいワイン

30 年を越える醸造歴を持つ卓越したワイン醸造家スチュアート・ピムの醸すワイン。フローストーン。
マーガレットリバーにある、ウィリアプラという区画。ここは、ゴールデントライアングルと呼ばれるほど、マーガレットリバーで最も素晴らしいブドウが育つエリアです。そのウィリアプラに先代から受け継ぐ畑を持っていたのが醸造家であるスチュアートのご両親です。
幼い頃からワインを造る環境に身を置いていたスチュアートの初ヴィンテージは、両親と一緒に造った1983年。そこから、マーガレットリバーの数々の名門ワイナリーを手がけ、醸造コンサルタントとして名を馳せていきました。2013年、醸造歴30年を記念して自身のブランド「フローストーン」を創立。選んだのは、2億年の歴史を持つ石灰岩から成る土壌の「マーガレットリバー高原」での希少品種の栽培でした。 元々、第二次世界大戦後に移民してきたヨーロッパ人によって盛んになったマーガレットリバーのワイン産業。1970年代にポルトガルからの移民家族に分けられた少量のトゥーリガを絶やす事なく育てたのがスチュアートでした。その他の品種も同様、遥か昔に受け継いだ品種を守っています。マーガレットリバーでは、希少と言われる品種をブレンドする事でワインにより輝く個性が現れています。彼の造るワインはどこか丸い、カドの取れた優しい味わい。それでいてブドウの個性や味わい深さをしっかりと感じられる素晴らしいワインなのです。

2つの海を見渡す
恵まれたテロワールで造られたワイン

真っ青でおおらかなインド洋と厳格な南極海が交わるこの場所は観光スポットとしても注目を集めています。
2億年の年月をかけて、ゆっくりと石灰岩で形成された丘は水はけが良く、土台となる花崗岩が地下水をうまく運び、ブドウの樹の根が地中奥深くまで伸び、立派な果実を実らせます。
なんと写真の鍾乳洞も、この土壌と同じ石灰岩から形成されたもの。石灰岩の中を流れた地下水がやがて結晶化されて流華石として現れます。

ラベルにも注目!
ストーンペーパーの感触に想いをのせて

ラベルには石灰岩から抽出して作られた石紙(ストーンペーパー)を使用しています。ラベルの粘着部分にも、石灰岩から抽出した成分を81%使用するなど、抜かりのないこだわりがあります。
ラベルに触れると、その手触りから神秘的な鍾乳洞が思い浮かぶほどです。