【オーストラリア産】ポーチャーズリッジ ・2018 リースリング

日本人の母を持つオーナーが手掛けるミネラルが豊富な古代の土壌で造られた家庭の味に合うワイン。ポーチャーズリッジが所在する土地は、古代にオーストラリア大陸と南極大陸の衝突によって出来た丘であり、古代の土壌・粘土・花崗閃緑岩によって成り立つ土壌は、ミネラルが豊富でブドウ栽培に最適な土地です。すぐ品薄になってしまうこのワインは、オーストラリアで最も高名なワイン評論家であるジェームス・ハリデーから5スターワイナリーとして認められています。

配送料は購入手続き時に計算されます。
※離島への送料は別途お見積りが必要です。

通常価格 ¥4,378 (税込)
/
税込み。

10アイテムのみ在庫あり!

■成分内容
リースリング 品種:リースリング・アルコール度数:11%

■注意事項

  • 開封後はお早めにお召し上がりください。
  • 熨斗・ギフト包装をご希望の場合はお問い合わせください。

地元オーストラリアでもすぐに欠品になってしまう希少性高いワイン

POACHER’S RIDGE 2018 RIESLING ¥4,378
ポーチャーズリッジ2018 リースリング

たっぷりの果汁が口の中で溢れだすようなジューシーな味わいにバランスの取れた酸味。新鮮なお刺身やお魚料理とも相性抜群。15年ほどセラー熟成が可能。また、ワインを造る過程で特に特別な手は加えていない。どの工程もほとんどが「自然の成り行くまま」を大切にしている。
・年代:2018
・地域:グレートサザン
・品種:リースリング
・アルコール度数:11%
・色調:薄い麦わら色
・香り:ピンクグレープフルーツのようなフレッシュでクリーンな香りと共にデリケートでフローラルなアロマティックな香り

日本人の母を持つオーナーが手掛ける
ミネラルが豊富な古代の土壌で造られた家庭の味に合うワイン

1999年に現在のオーナー兼ブドウ栽培家アレックス・ティラーと奥様のジャネット・ティラーによって‘ナリカップ’のなだらかな丘の上に設立されたワイナリー。
ポーチャーズリッジとは「密猟者の丘」という意味。ポーチャーズリッジが所在する土地は、古代にオーストラリア大陸と南極大陸の衝突によって出来た丘であり、古代の土壌・粘土・花崗閃緑岩よって成り立つ土壌は、ミネラルが豊富でブドウ栽培に最適な土地です。アレックスが土壌の検査に訪れた際、羊を飼っていたご近所さんに羊の密猟者だと勘違いされ酷く罵られたそう。「ここの土壌を調べたいんだ。この土が、僕の探している土壌であればここでブドウを栽培したい」と彼の熱意を伝えました。この会話がワイナリー名の由来。ワイナリーのシンボルマークにもとなっています。
アレックスは自らの手で一からブドウを植えています。驚くのは、朝日の当たる角度を計算してブドウの葉をしっかりと切りそろえているということ。丁寧に育てられたブドウは、お行儀よく綺麗に同じ位置に果実を実らせます。栽培から収穫まで全て手作業で丁寧に行われている、まさに彼の情熱の賜物です。マルベックもシラーズを台木にして栽培をすでに開始しており、ますます目が離せません。
ワインにどこか「旨味」を感じるのは日本人の母を持つアレックスだからこそ。「母の料理の味に合うように」とワインを造っているため、日本料理との相性も抜群。そして、いつももそっとそばで支えてくれた母のように「あなたの時間にそっと寄り添える」ワインを造りたいという想いが込められています。

豊富な自然が残っているグレートサザンナリカップ

グレートサザンにあるナリカップはオールバニーとマウントバーカーの間の小さな町。2006年の国勢調査での人口は515人と報告されています。ナリカップという名前の由来は、近くにある小川のアボリジニの名前から来ており、「豊富な場所」という意味。その名の通り豊富な自然が多く残っており、ここのブドウは南洋の影響から、素晴らしい果実を実らせています。
栽培から収穫までをすべて手作業で丁寧に行うため、市場に出回る数は限られています。種類によってはほんの15ケースのみしか日本に売られないこともある希少なワイン。それもそのはず、現地の有名レストランにも多数のファンがおり、毎年彼の造るワインを楽しみにまっているから。すぐ品薄になってしまうこのワインは、オーストラリアで最も高名なワイン評論家であるジェームス・ハリデーから5スターワイナリーとして認められています。