【オーストラリア・スワンバレー産】飲む健康ワイン ジャラリッジ ウッド・レスベラトロール・シラーズ

美しく、元気に、頑張る人を応援したい。
ワイナリーオーナーがお母さんのために造ったワイン。
スイカズラのような白い花の甘い香りが特徴的。ポリフェノールが⾚ワインの50倍。
現地のワインラバーが愛してやまないワインが、日本初上陸!
モエ・ヘエシー社で経験を積み、オーストラリアで20年以上ワインを造り続けてきたカリスマ醸造家マーク・モートンが贈る凝縮感たっぷりのワイン。

¥3,850(税込)

-->
-->

美しく、元気に、頑張る人を応援したい。
ワイナリーオーナーがお母さんのために造ったワイン。
スイカズラのような白い花の甘い香りが特徴的。ポリフェノールが⾚ワインの50倍。
現地のワインラバーが愛してやまないワインが、日本初上陸!
モエ・ヘエシー社で経験を積み、オーストラリアで20年以上ワインを造り続けてきたカリスマ醸造家マーク・モートンが贈る凝縮感たっぷりのワイン。

■成分内容

品種:シラーズ
オーストラリアと言えば「シラーズ」と言われるほど、代表的な品種です。一般的には「シラー」と呼ばれており、フランスのローヌ地方から伝わりました。オーストラリア全土で最も栽培面積が大きいと言われています。
シラーズは元々スパイシーな味わいが特徴の品種なのですが、そうした風味は涼しい気候である程強まることが分かっており、温暖なオーストラリア原産のシラーズは比較的まろやかなで飲みやすい風味を持っています。

アルコール度数:12.5%

■注意事項

開封後はお早めにお召し上がりください。
※こちらの商品は別途送料が発生致します。ギフト包装・熨斗、対応可能です。お問い合わせくださいませ。

ポリフェノールが一般的な⾚ワインの50倍、ローカルが「毎日飲みたくなる健康ワイン」

JARRAH RIDGE RESVERATROL SHIRAZ ¥3850
ジャラリッジレスベラトロールシラーズ

スイカズラのような白い花の甘い香りが特徴的。挽きたてのコーヒーのような香りとソフトなタンニンが包み込んでくれる。ポリフェノールの一種であるレスベラトロールが
独自製法により1本の⾚ワイン(750ml)に50mg以上含まれています。これは一般的な⾚ワインの50倍と言われています。健やかで若々しい毎日のために。
・年代:2016
・地域:スワンバレー
・品種:シラーズ
・アルコール度数:12.5%
・色調:ルビーレッド
・香り:クロスグリ・森の赤いフルーツ・挽きたてのコーヒ豆

抗酸化作用のあるレスベラトロールとは

ポリフェノールがカカオや赤ワインなどに多く含まれていることはよく知られています。レスベラトロールはポリフェノールの中でも、長寿遺伝子(サーチェイン遺伝子)を活性化させ老化防止が期待できると言われており、長寿遺伝子を活性化することで血糖値が下がることも証明されているので、糖尿病予防にも繋がるのではないかと注目されています。

レスベラトロール50倍!誕生

西オーストラリア州スワンバレーにワイナリーを構えるジャラリッジのオーナー、ジミー氏のお母さんは、ある日コレステロール値が高いことを主治医に相談しました。
すると主治医からポリフェノールの摂取をすすめられたのです。
ワインを造っているジミーはすぐに赤ワインを飲んでもらおうと考えましたは、通常ポリフェノールは赤ワイン1本(750ml)に1mg前後しか含まれていないのです。
確実に効果を発揮させるには、大量の赤ワインを摂取しなければならないため、あまり現実的ではないと考えたジミー。そこで造られたのがレスベラトロールが50倍のワインでした。
ブドウの皮や茎から、レスベラトロールを抽出し、赤ワインの発行段階で点火して作られるワインは、そのままだとあまり美味しくありません。そこで味や香りをコントロールし、より飲みやすく仕上げるのがジミーたちの腕の見せ所です。
国際大会での受賞歴もあり、実力派と言われるジャラリッジだからこそ出来上がった、ポリフェノールたっぷりの美味しいワイン。

現地のワインラバーが愛してやまないワインが、日本初上陸!
モエ・ヘエシー社で経験を積んだ醸造家マーク・モートンが贈る凝縮感たっぷりのワイン

イタリアからの移民家族によって、1930年にブドウが植えられスタートしたワイナリー。2013年、ワイナリーを始めた家族が他界したことが端緒となり、オーストラリアで20年以上ワインを造り続けてきたカリスマワインメーカー マーク・モートン氏とシンガポールからオーストラリアへ移り住んだ若手オーナージミー・ウォング氏によって継承されました。
モエヘネシー社で長くワインを造っていたマーク氏は、スパークリングワインを造るプロフェッショナル。
彼はシャンパンと同様のトラデショナルメソッドでスパークリングワインを造っており、そのスパークリングワインの泡のきめ細かさと豊かな香り、そしてドライな余韻はオーストラリアの多くの人を魅了し続けています。
若きオーナージミーのポリシーは、ブドウの持つ本来の味を最大限に反映させ、美味しいワインを造る事。そしてそのワインを最も親しみやすい価格で提供することで、多くの人に、真の美味しさを知ってもらいたいという想いから、ローカルが「毎日飲みたくなるワイン」と愛するワインの地位に上りつめているのです。
また、シンガポールで生まれ育ったジミーがワイン造りに加わって以降、ジャラリッジのワインがアジア人の舌に合うということでも話題になっています。和食や中華など、私たちアジア圏内で食べ親しんでいるお料理と絶妙に合うことが、ジミーの生み出したジャラリッジの新しい魅力の1つです。

スワンバレー

オーストラリアはパースから北へ車でたったの25分、優雅に流れるスワン川の上流に位置するスワンバレーは、西オーストラリアで最も古いワイン産地で家族経営のワイナリーから大規模なワイナリーまでたくさんのワイナリーがあります。スワンリバーの地下深い帯水層には、ブドウを育てるのに最適なたくさんのミネラルや栄養分が豊富。また、雨がほとんど降らず、湿度の低いスワンバレーは、害虫の被害や樹が病気になることがほとんどないため、ジャラリッジでも樹齢80年以上にもなる、古い木が未だ健康に美味しい果実を実らせ続けています。