【ヴィーガンライフ】

こんにちは😊

みなさんは『ヴィーガン』と『ベジタリアン』の違いについて説明できますか?
おや?とあやしくなった方は是非こちら↓↓の記事も合わせてご覧になってみて下さいね☘

【ヴィーガンとベジタリアンはどう違うの?】

昨今、全世界で日常生活に取り入れる人が急増している『ヴィーガン』。一体、どのような生活をおくっているのか気になりませんか?
今回はこの『ヴィーガンライフ』についてご紹介していきます。

ヴィーガンの種類

ヴィーガンはベジタリアンの種類に分類されますが、植物性食品に徹底した完全菜食主義です。基本的に食べて良いものは、米や小麦などの穀物や、豆類、野菜といった植物性食品です。肉や魚、卵や乳製品はもちろん、蜂蜜や牛骨を使う白砂糖も食べません。

そんなヴィーガンも、次のような種類に分けることができます🥑

  • ダイエタリーヴィーガン
    衣料品などにはこだわらないタイプのヴィーガン。

    食べ物は動物保護の観点からしっかりと植物性食品だけを食べるといった決まりがありますが、洋服に関しては動物の毛皮や羊毛が使われているものでも着ます。ヴィーガンを実践している人の多くが、このダイエタリーヴィーガンに属します。
  • フルータリアン
    収穫により、植物を殺さない食べ物だけを食べるスタイル
    です。名前だけをみるとフルーツだけを食べるようにも見えますが、厳密にはそうではありません。植物の実や葉っぱだけを食べ、根はその植物が生き残るためにとっておきます。
    例えばリンゴの木になった実は食べ、来年の収穫を楽しみに待ちます。しかし、大根の場合は根っこごと収穫してしまうので植物を殺すことになり、食べることができません。厳格なルールがある人の場合、熟して落ちた実しか食べないといったケースもあります。

  •  オリエンタルヴィーガン
    植物性食品の中でも、ニラやニンニクなどネギ科の植物を避けるタイプ
    です。これらの植物は五葷(ごくん)と呼ばれ、これらを食べると淫欲(いんよく)や憤怒(ふんぬ)が生じるとして、仏教徒では禁じられてきた歴史があります。そのためオリエンタルヴィーガンは、台湾菜食や精進料理などに通じることが多いです。
     
  • エシカルヴィーガン
    ヴィーガンの中でも最も規制が多いスタイル
    と言えます。食事はもちろん、化粧品や衣類用品など全てにおいて植物性のものしか使用することができません。そのため、毛皮やダウン、ウールやシルク、革製品といった動物のものが原料になっているものは着ることができません。化粧品に関しても植物由来のものしか使うことができず、特に女性は、現状の日本ではまだまだ苦労しそうです。

  • フレキシタリアン
    自分の都合によって自由に菜食主義を実行するというタイプ
    で、近年とても注目が集まっています。週末だけヴィーガンをする、ランチにはお肉を食べずベジタリアンを実践するなど、気軽に挑戦できるのが魅力となっています。

その中で、最も厳格な菜食主義エシカルヴィーガンの人の生活を覗いてみましょう✨

外食時

家での食事は自分で細かく気を付ければ何も問題はないですね。
外に食事に行く時は少し注意しなければいけません。一見、動物性食品が入っていないように見えても、出汁や調味料もとなるとそこがネックになります。

海外ではヴィーガンようの食事を提供している専門のレストランが豊富で、ヴィーガンメニューなども充実しており、制限されているといったストレスもそこまで感じず、美味しく楽しい食事を楽しめます。アレルギーのある方が分かりやすいように卵フリーや小麦粉フリーなどの表記があるように、ヴィーガンと表記されたメニューもあります。

お菓子

材料に動物性食品が入っていないお菓子は意外と豊富なんです。
健康を重視したグルテンフリーやヴィーガンのお菓子は年々増えていてしかも美味しいんです。ヴィーガンチョコやヴィーガンドーナツ、ヴィーガンチップスなど種類は様々。パッケージも可愛い♪ヴィーガンが気になっている方はまずはお菓子からでも気軽に取り入れれられそうですね。

スキンケア・ボディケア・化粧品

直接お肌につけるスキンケアや化粧品も、動物由来の成分は一切使用せず、植物由来の成分のみを利用したものに限られます。Vegan ActionやThe Vegan Societyといった代表な国際認定機関もあり、ヴィーガンコスメである認証を得てパッケージやウェブサイト上にて100%ヴィーガンである事を宣言する製品やブランドも増えています。製造や開発の工程において動物実験を行わないことを指す「クルエルティフリー」という言葉もあります。

ファッション・アクセサリー

衣服には、毛皮や革などを含む、動物性製品を使用していない事は勿論、シルクなど動物が作ったものや、動物を労力とした製品も身に付けません。
ヴィーガンファッションはエシカルファッション(Ethical Fashion)とも呼ばれ、動物の権利を守ることと、環境への配慮、社会にも好影響を与える事から取り組みが注目されています。
植物由来素材を採用することで、動物由来素材の加工時に用いる水を削減したり、人体に悪影響のある化学薬品の使用を避けたり、れによって環境負荷が軽減されるほか、労働者の健康被害を防ぐことにもつながっています。

気持ちよく、ファッションを楽しむことが出来ますね♪

バックやお財布、アクセサリーなど様々なヴィーガンブランドも増えてきているんです。 

エシカルファッションの需要の高まりとともに盛り上がりを見せているヴィーガンファッション。動物論理の他にも環境や社会への配慮といったポイントから、取り入れることで意識が高まりますね。

 

『ヴィーガンライフ』いかがでしたか?不自由と思われる方も多いと思いますが、少し意識を変える事で意外と選択肢があることに気付けます。
無理のないよう取り入れられるところからはじめて、生物の尊厳を守る生活スタイルでより健康的に、環境に優しい生活をおくってみるのもいいかもしれませんね😊

さて、ヴィーガンライフをよく知ることで気になったのは、「ヴィーガン」「オーガニック」は同じなの?という点です👀

次回はオーガニックとヴィーガンについてご紹介します。

最後まで読んで頂いてありがとうございました😉


コメントを残す

コメントは公開する前に承認する必要があることに注意してください